園主紹介



私らが丹精こめて育てよります。

「土佐の高知のくだもの畑」農場主・沢村徹也と家族

【農場主からご挨拶】

「適地適作」ならこじゃんとまいもんができる・・・みかん作りを決心した20歳のとき、この考えを実行に移す際、一体どこならうまいもんができるか、土地を探しから始めました。そして研究し15年間探し続けた結果、地元高知県の南東エリアがみかんの栽培に最適だと判断。太平洋からの潮風を受けた海辺のあったいところが一番みかん栽培に適しちょるんです。以来、山を買い求め、自分らで重機を使ってみかん畑用として開拓してきたわけです。

日本のみかん畑といえば、傾斜の大きい段々畑にみかんがなりゆうシーンを思い浮かべる人も多いやろうけんど、「土佐の高知のくだもの畑」は小高い丘の上を平地として整備し、果物たちが均等にやさしい海からの風に吹かれ、太陽の恵みを受けられるよう環境整備をしっかりしちょります。
広大な敷地ですき、作業も大変ながですが、毎年成長した樹がおいしい実をつけてくれたときは本当にうれしいきね。

みかんたちにとっての楽園「土佐の高知のくだもの畑」で採れたみかんを、たくさんの方に食べてもらいたいと思うちょります。
Page top